ご相談・お問い合わせは無料です【365日24時間 受付】
電話番号 無料相談はこちら 無料相談はこちら

尾行は人気の少ない場所に行けば行くほど難易度が上がる

2018.12.05 (水)

こんにちは。

アイミッション東京中野の広報担当Mです!

 

先日、久々に対象者があまり人気のない場所へ行ったので、調査員になりたての頃のことを思い出しました。

 

私が受け持つ対象者は、基本的に都内の人です。なのでベッドタウンの夜とかではない限り、大抵人気のある場所を対象者は移動します。

 

周りにたくさんの人がいると、気配を消せば案外近くを歩いていても気づかれることはありません(もちろん、ずーっと近くを歩いているわけじゃないですよ?)。

ですが、人気のない場所は、どんなに気配を消していても気づかれるんですよね。だから、新人探偵が遭遇する難しい調査の一つだと私は思っています。

 

普段人は、人込みの中に自分の身を置いている時、ほぼほぼ周りの人を「人」だと認識していません。「人」だと認識してしまうと、情報量が多すぎてストレスになってしまうんですよね。だから、個人としての「人」ではなく、この場所にいる障害物としての「人たち」と認識するため、よほど突飛な格好や匂い、音を発していなければ存在を意識しません。

 

ですが、周りに人がいない時、無意識に人の存在を探してしまうのが人間です。特に都会の人は、周りに「誰もいない」状況に慣れていないので、個人としての「人」を探します。ただ誰もいない状況じゃなくなり、「誰か」が離れたところにいた場合、今度はその人が自分にとって安全か安全じゃないかと探るため、多少敏感になっています。

 

女の人が夜道を1人で歩いているとき、異様に敏感になっているのはこのためです。しかも、過去に何かしらのトラブルを経験している人なら、さらに警戒するようになるもの。

 

なので、対象者が不倫相手とこれから会おうとしている時や、不倫相手と別れた後の一人行動の時に、「あれ?あの人……」みたいになってしまうこともあるわけです。

 

もちろん、対象者が不倫相手と二人きりでいる時も、周りに人がいないのに誰か数人が近くを歩いていたら、後ろめたさを感じている対象者であれば、「なんか怪しいのがいる」と思ってしまう場合も。

 

新人探偵にはちょっと厳しい尾行になるわけですが、慣れてくると、どのくらい離れていれば人気が少なくても認識されないかもだんだんわかってきますし、いつも以上に離れている対象者を見失うこともありません。

 

私は尾行でバレたことはないですが、もしバレてしまったと考えると恐ろしいです。

 

さて、というわけで、気を取り直して今日も調査業を頑張ってきます!

それでは、また。

 

広報担当M

一人で思い悩まずに、
私共と一緒に解決しましょう。

一人で悩まずに、まずはお気軽にご連絡ください ご相談・ご依頼専用ダイヤル 0800-888-7839

無料相談・お問い合わせはこちら

「どこに相談したらいいかわからない…」

こんなお悩みを抱えていましたら、 一人で悩まずに、まずはお気軽にご連絡ください

「パートナーの変化が怪しいかプロに聞いてみたい」
「調査が可能か聞いてみたい」
「どれくらいの費用と日数がかかるのか」

等、まずはお電話やメールでのご相談だけでも大丈夫です。

当社では適切なアドバイスで問題が解決し、今後の新しい人生を今まで以上に充実し歩んでいく為のお手伝いが出来ればと思います。

無料相談で解決される方もいらっしゃいます。たくさんの相談・調査事例から的確なアドバイスをさせて頂きます。まずは現在の心配事やお悩み事をお聞かせ下さい。

ひとりで悩まずに一緒に解決致しましょう。

お名前 必須
メールアドレス 必須
電話番号
希望返信方法
相談分野
相談内容 必須
[recaptcha]

▼シェアをお願い致します!▼

▼『尾行は人気の少ない場所に行けば行くほど難易度が上がる』の前後の投稿はこちら▼